カテゴリー
Uncategorized

AKBはいつまで続くのか?







2005年の冬に、東京の秋葉原で誕生したAKB。


当初は、キワモノ扱いを受け、
本格的に売れるまでは、5年近くの歳月を要した。


その間に、名古屋でSKE、大阪でNMBと、
新しいグループが誕生し、今では福岡にHKT、
ジャカルタや上海にまで、グループができている。


さらには、北海道が有力という大方の予想を覆し、
新潟に新たなグループを、誕生させるという。


これほどまでに、女性アイドルグループが、
巨大化することは、かつてなかったことだ。


しかし、人数は増える一方だが、
その反面、メンバーの卒業も後を絶たず、
全盛期からは、後退していると言わざるを得ない。


今年の冬で、10周年を迎えるAKBに、未来はあるのだろうか。


アイドルの理想の成長過程は、
14~16歳で、芸能界に入り、
18~20歳で、人気絶頂を迎えるパターンだ。


過去の例を挙げれば、「横須賀ストーリー」で、路線転換し、
「秋桜」「いい日旅立ち」と、今でも歌い継がれる、
名曲を残した、山口百恵。


「スローモーション」で、デビューし、
「北ウイング」「サザン・ウインド」で、ヒットを飛ばし、
「ミ・アモーレ」で、レコード大賞を受賞した、中森明菜。


などが、これにあたる。


その意味で、20歳の時に、「フライングゲット」で、
レコード大賞を受賞した、前田敦子や高橋みなみの世代は、
理想の成長過程に、あったと言えるだろう。


問題は、アイドルは20歳までで、その後は、
アーティストになっていかなければ、
成功するのは、難しいということだ。


しかし、グループ所属という足かせもあり、
ソロになるタイミングを逸し、今後の芸能生活が、
危ぶまれるメンバーも、少なくない。


たくさんの人数がいる以上、
今すぐ終わることは、ないかもしれないが、今後は、
原点回帰で、地道な劇場公演の積み重ね以外には、
生き残る道は、ないのではないだろうか。




カテゴリー
Uncategorized

アイドルの第2の人生は成功するか?







アイドルとして頂点に立ちながら、
その後の人生を大きく狂わせて、
失意の日々を送る人達も、少なくない。


芸能界が、生き馬の目を抜く、
激烈な競争社会だとはいえ、
没落した元アイドルの姿を目にするのは、
その人と同時代を過ごしてきた人達にとって、
寂しいものだ。


一方、アイドルとしては、
全く目が出なかった人達でも、
篠原涼子や満島ひかりのように、
その後、女優として花咲く場合もある。


いったい何が分岐点となり、
その後の人生を、分けていくのだろうか。


かつては、アイドルというのは、
つぶしのきかない、職業だった。


男性女性に関わらず、若い頃はもてはやされるが、
人気の賞味期限が過ぎれば、使い捨てられ、行き着く先が、
男性は、刑事ドラマや、時代劇の端役、
女性は、結婚して、家庭に入るというのが主流だった。


現在の様に、年齢を積み重ねても、アイドルとして、
世間の認知度が変わらなくなったのは、
男性ならSMAP、女性は松田聖子以降である。


アイドルから華麗な転身を遂げた、元祖とも言えるのが、
90年代前半に、電脳アイドルとして活躍した、千葉麗子だろう。


1995年に引退し、一般企業に、OLとして就職、
その後、ベンチャー企業を立ち上げ、現在は、
ヨガのインストラクターとして、活動している。


最近は、結婚してママタレントとして、
活動している人間も増えているが、
その活動スタイルには、批判も多く、
引退して以降、一切表舞台には顔を見せない、
山口百恵の様な存在は、現在では、皆無となっている。


いずれにしても、アイドルとしての活動期間より、
その後の人生の方が、はるかに長い。


華やかなステージに上がるまで、
積み重ねた努力を、第2の人生でも、
役立ててもらいたいと、願うばかりだ。