AKBはいつまで続くのか?







2005年の冬に、東京の秋葉原で誕生したAKB。


当初は、キワモノ扱いを受け、
本格的に売れるまでは、5年近くの歳月を要した。


その間に、名古屋でSKE、大阪でNMBと、
新しいグループが誕生し、今では福岡にHKT、
ジャカルタや上海にまで、グループができている。


さらには、北海道が有力という大方の予想を覆し、
新潟に新たなグループを、誕生させるという。


これほどまでに、女性アイドルグループが、
巨大化することは、かつてなかったことだ。


しかし、人数は増える一方だが、
その反面、メンバーの卒業も後を絶たず、
全盛期からは、後退していると言わざるを得ない。


今年の冬で、10周年を迎えるAKBに、未来はあるのだろうか。


アイドルの理想の成長過程は、
14~16歳で、芸能界に入り、
18~20歳で、人気絶頂を迎えるパターンだ。


過去の例を挙げれば、「横須賀ストーリー」で、路線転換し、
「秋桜」「いい日旅立ち」と、今でも歌い継がれる、
名曲を残した、山口百恵。


「スローモーション」で、デビューし、
「北ウイング」「サザン・ウインド」で、ヒットを飛ばし、
「ミ・アモーレ」で、レコード大賞を受賞した、中森明菜。


などが、これにあたる。


その意味で、20歳の時に、「フライングゲット」で、
レコード大賞を受賞した、前田敦子や高橋みなみの世代は、
理想の成長過程に、あったと言えるだろう。


問題は、アイドルは20歳までで、その後は、
アーティストになっていかなければ、
成功するのは、難しいということだ。


しかし、グループ所属という足かせもあり、
ソロになるタイミングを逸し、今後の芸能生活が、
危ぶまれるメンバーも、少なくない。


たくさんの人数がいる以上、
今すぐ終わることは、ないかもしれないが、今後は、
原点回帰で、地道な劇場公演の積み重ね以外には、
生き残る道は、ないのではないだろうか。




LEAVE A COMMENT